ワタミ、居酒屋の1割にあたる60店を閉鎖へ

ワタミ株式会社が、外部有識者による調査報告を受けて、労務管理の改善のために、店舗の閉鎖を行うことを発表しました。

「外部有識者による業務改革検討委員会」の調査報告書を踏まえた当社の対応について

所定労働時間を超える長時間労働、有休を取得できなかったり、サービス残業を求められたりしていることが調査報告で指摘されている模様で、これに対応して、店舗を閉鎖して、人材の余裕を他店に振り分けるとのことです。

業界によっては人手不足感が強まっていることから、本件は注目される対応と思われます。

関連していそうな記事: