厚生労働省労働政策審議会,新しい派遣の期間制限を建議。無制限に派遣労働者を受け入れることも可能に

労働政策審議会建議 -労働者派遣制度の改正について-(厚生労働省発表) | 労務アップデート|人事・労務管理に関する総合情報サイトの解説記事です。

1月29日に発表された厚生労働省労働政策審議会の労働者派遣制度の改正に関する建議は,大変大きな制度変更を含んでおり,規制緩和に大きく舵を切るものとなっています。

多岐にわたる建議の内容のうち,特に重要と思われる新しい期間制限の仕組みについて簡単に解説します。

新しい派遣労働者の期間制限の要素をまとめると下記のようになります。

  1. 26業務などの業務単位ごとの期間制限は撤廃
  2. 派遣労働者ごとに同一の組織単位に派遣できる期限は3年
  3. 派遣先では,3年を超えて継続して派遣労働者を受け入れてはいけない
  4. ただし,過半数組合等から意見聴取を行えばさらに3年延長して受け入れ可能
  5. 過半数組合等から是正すべきとの意見が出された場合には対応方針を検討して説明する
  6. 2から5については,無期雇用の派遣労働者,60歳以上の高齢者,現行制度で期間制限から外されている業務は,適用対象から除外

今後,この建議に基づいて労働者派遣法改正案が作成され,今国会に提出される運びとなるものと思われます。

関連していそうな記事: